1. HOME
  2. 地域社会貢献
  3. 東日本大震災からの復興支援

東日本大震災からの復興支援

私たち京都トヨペットは、お客様と共に
被災地の皆さまを応援し続けます。

2011年3月11日。未曾有の被害をもたらした東日本大震災。
「私たちにできることは何か。」皆で考え、震災発生以降、様々なかたちで義援金を募り、被災ペット保護機関への寄付、桜の寄贈などの取り組みをお客様と共に行っています。

「ふくしま浜街道・桜プロジェクト」への協賛

「福島に帰る子ども達に、世界に誇れる桜並木を残してあげたい」

そうした想いのもと、ふくしま浜街道163kmに2万本の桜を植樹する
「ふくしま浜街道・桜プロジェクト」。
この取り組みは、NPO法人ハッピーロードネット様により2013年から進められています。

この想いに賛同し、当社は2014年から店頭で、お客様から1口300円の協賛を募り全額寄付しております。
ご協賛いただきましたお客様へは、福島県の物産を取り寄せし、お礼の品としてお渡ししております。

2014年の取り組み以降、当社からお届けした桜の本数は1,138本。
総額1,287万円にも上ります。

また東日本大震災から10年の節目に、NPO法人ハッピーロードネット様は、植樹された桜に掲げられている“応援メッセージ”を1冊にまとめられた「SAKURA STORY」を発刊されました。
当社は、2021年4月、「SAKURASTORY」の購入受付も店頭で行い、約100冊の購入を募ることができました。
本の収益は、桜の維持管理費充てられます。

今後も、様々な取組みを通じ、東北支援を継続して参ります。

ふくしま浜街道桜プロジェクトについてはこちらをご確認ください。

  • ふくしま浜街道・桜プロジェクト 画像

    植樹された桜には、応援メッセージプレートが掛けられています。

  • ふくしま浜街道・桜プロジェクト 画像

    町のあちこちに、桜の木が植樹されています。

  • ふくしま浜街道・桜プロジェクト 画像

    桜の木は大きく育ち、綺麗に咲き誇っています。

  • ふくしま浜街道・桜プロジェクト 画像

    地元の方々や協賛企業などによる、植樹風景。

  • ふくしま浜街道・桜プロジェクト 画像

    当社店頭、協賛受付コーナー

  • ふくしま浜街道・桜プロジェクト 画像

    SAKURA STORY 30年後の故郷に贈る100のメッセージ


福島県立ふたば未来学園中学校、高等学校への図書寄贈

震災後に開校した、福島県立ふたば未来学園は学校図書が不足している状況でした。
当社は、創立60周年記念事業の一環として、毎年60万円分の図書の寄贈を10年に亘り継続して行っています。
寄贈図書は、生徒の皆さんからのリクエストをもとに、小説の名著や防災、再生可能エネルギー、電気自動車、環境問題など幅広いテーマのものが選定され、福島県内で購入しています。

毎年4月に、同校を訪問し図書寄贈式を執り行っておりましたが、2020年以降は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点より、訪問を取りやめています。
2021年は、同校生徒の要望を受け、「オンライン寄贈式&交流会」を開催し、楽しいひとときを過ごし、離れていても繋がりを感じることが出来ました。

<これまでの寄贈>
総数1,601冊
◆2021年 190冊
◆2020年 253冊
◆2019年 325冊
◆2018年 323冊
◆2017年 99冊
◆2016年 411冊

2020年の寄贈の様子はこちらをご覧ください。
https://www.kyoto-toyopet.jp/information/detail.php?id=4291

2019年の寄贈の様子はこちらをご覧ください。
https://www.kyoto-toyopet.jp/information/detail.php?id=3313

  • ふくしま浜街道・桜プロジェクト 画像

    2021年4月、ふたば未来学園と当社澤井会長とのオンライン寄贈式&交流会

  • ふくしま浜街道・桜プロジェクト 画像

    寄贈図書~ふたば未来学園の図書室~

  • ふくしま浜街道・桜プロジェクト 画像

    ふたば未来学園の図書委員の皆様から、お礼のメッセージをいただきました。


東日本大震災義援金(まゆまろ募金)の募集

震災発生の翌月から、当社新車15店舗各店及びU-mix・レクサス西大路に募金箱を設置。お客さまからお寄せいただいた義援金は日本赤十字社を通じ、全額が被災地の復興支援活動などに使われています。
京都府の人気マスコットキャラクター「まゆまろ」とコラボレーションした募金活動は、世代を超えたお客さまのご協力を得られました。


「チャリティバザー」の開催

2011年8月と翌年5月に、当社新車15店舗各店でチャリティバザーを開催しました。これは、当社のお客様から日用品やインテリア雑貨などの提供を募り、全品100円で販売する「お客さま参加型」のバザーです。収益金は社団法人国土緑化推進機構を通じ、全額が被災地の復興支援活動などに使われています。
各店とも多くのお客さまにご協力いただき大盛況に終わりました。

ふくしま浜街道・桜プロジェクトへの協賛 画像

七条本店での、チャリティバザー風景


「クリスマスパーティバザー」の開催

当社七条本店で毎年、約450名のお客さまをお迎えして開催するクリスマスパーティにおいて、チャリティバザーを開催。
チャリティバザーの品は、当社のお客様や社員が被災地の復興を願い持ち寄ったものです。
2011年から2年連続で大変ご好評をいただき、収益金は社団法人国土緑化推進機構を通じ、全額が被災地の復興支援活動などに使われています。

七条本店クリスマスパーティー・チャリティバザー 画像

社員がサンタクロースに扮してクリスマスパーティを開催。


「光のしずくプロジェクト」への協賛

「光のしずくプロジェクト」は、福島市の中心市街地で行なわれるイルミネーションの祭典。
当社では被災地復興支援の一環として、2012年に同プロジェクトに協賛いたしました。
同年12月から翌年1月にかけて行なわれたイベントでは、「届けよう!東北へ 灯そう!希望の光を」というテーマのもと、事前にお客さまにお書きいただいた応援メッセージカード1569枚を、メイン会場に立つ「京都トヨペット復興支援ツリー」のまわりに掲出。心温まる言葉とイルミネーションで、福島の夜空を照らしました。

  • 光のしずくプロジェクト 画像

    応援メッセージと、「光のしずくプロジェクト」イベント風景。

  • 光のしずくプロジェクト 画像

    福島の冬の夜空にきらめくイルミネーション


ドッグカフェの限定オープン

当社では、新車販売店舗の店内でドッグカフェを定期的に開催しております。2013年4月と2014年4月の開催時には、義援金をお寄せいただきました。当イベント内において、義援金をお寄せいただいたお客様には、愛犬をその場で撮影してお作りしたオリジナルグッズのプレゼントを実施。
義援金は全額、被災動物(ペット)の保護及び飼養管理を行われている福島県動物救護本部に寄付しました。

ドッグカフェの限定オープン 画像

義援金は、被災したペット達のために役立てていただきました。


ウルトラマン基金への協賛

2013年5月当社新車15店舗でウルトラヒーローに登場いただき、握手会・撮影会等を開催。子どもたちはやや緊張しながらも、嬉しそうな笑顔を見せてくれました。
同時に、子どもたちの未来のために永続的に支援活動を展開する「ウルトラマン基金」を実施。
多くのお客様より真心の基金が寄せられました。
基金は全額、「ウルトラマン基金」を通じて、被災地自治体、日本赤十字社に寄付されるほか、被災された子どもたちへの支援活動にあてられました。

ウルトラマン基金 画像

多くのお客様の真心を、お届けすることができました。